食のコミュニケーション円卓会議 食のコミュニケーション円卓会議ホームへ
食品照射     
       
       
       
放射線照射ジャガイモの安全性に関して
 
2010年4月、「照射食品反対連絡会」という団体が、照射芽止めジャガイモは「安全性に懸念がある」として、いくつかのスーパーなどに「放射線照射ジャガイモの販売中止」を申し入れ、実際に販売が中止されるということがおきました。 
そこで、「照射食品反対連絡会」の申し入れに従って販売中止を決めた東武ストア、食品の安全性を科学的に評価する食品安全委員会、食品衛生法に基づいてジャガイモへの放射線照射を許可している厚生労働省、ジャガイモの照射芽止め事業を推進してきた農林水産省のそれぞれに、質問書を送りました。
 
    
       
東武ストア 「放射線照射ジャガイモの販売中止の要請についての回答書」 への質問書を提出  2010.5.16
   
 ・ 現在まで回答は届いておりません 
   
 
◎放射線照射ジャガイモの「安全性の懸念」の有無についての質問書を提出 2010.5.23
           食品安全委員会  厚生労働省   農林水産省 
   
 ・ 回答書が届きました 
   食品安全委員会の回答書 2010.6.7
   厚生労働省の回答書 2010.6.7
   農林水産省の回答書 2010.6.8
 
 
           
 Q1 放射線照射ジャガイモ(JA士幌町の芽どめじゃがいも)は、厚生労働省の食品衛生法において許可した安全な食品であるとの認識は正しいですか?       
           
      食品安全委員会     
      発芽防止の目的でジャガイモに放射線を照射することは、食品衛生法に基づく規格基準で認められています。
この規格基準は平成15年の食品安全委員会の発足より前(昭和47年)に策定されたものであり、食品安全委員会として評価を行ったものではありませんが、現在、世界保健機関(WHO)においては、吸収線量10 kGy までであれば食品の健全性に問題がないとしている一方、我が国の食品衛生法に基づくジャガイモに対する基準では、150 Gy(0.15 kGy)とされています。   
 
           
           
      厚生労働省     
      食品衛生法第11 条第1 項に基づく「食品、添加物等の規格基準」において、原則、食品に放射線を照射してはならないと定められています。ただし、発芽防止の目的でのばれいしょへの放射線照射については、放射線の線源、種類、吸収線量や再照射防止を規定した上で、認められています。現時点において、この取扱いの変更が必要となるような安全性に関する新しい知見は把握しておりません。    
           
           
      農林水産省     
      ジャガイモは、貯蔵開始後3カ月程度経過したころから休眠が終了するため、温かくなると芽が伸びてしまい、その芽には食中毒の原因となるソラニンという物質が多く含まれます。このため、ご質問で触れられているとおり、ジャガイモの一部について、発芽を抑制するために、放射線照射の技術が利用されております。
食品への放射線照射につきましては、食品の安全の観点からの規格基準等について、厚生労働省が所管する食品衛生法で規制されており、また、食品の摂取が人の健康に及ぼす影響についての評価に関しては食品安全委員会が担当していますので、厚生労働省、食品安全委員会から責任をもって回答がなされるものと承知しております。  
 
           
           
 Q2 誰でも容易にアクセスできる場所に、公正中立な立場で、科学的な事実と、現時点での見解を示すべきではないでしょうか?       
           
      食品安全委員会     
      食品への放射線照射については、放射線照射食品の安全性に関する調査や海外から講師を招聘した意見交換会を行い、それぞれ概要をホームページに掲載しています。調査については食品安全委員会のホームページから「食品安全総合情報システム」→「調査情報」→「平成16年度」、意見交換会については「意見交換会」→「平成19年度開催実績」と進むと御覧いただけますが、容易にアクセスしていただけるよう、ホームページ構成の見直しを検討いたします。
 
     

2007(平成19)年9月3日に行われたWHOの専門家ジェラルド G.モイ博士による講演「食品に関するリスクコミュニケーション-放射線照射食品をめぐる国際的な状況-」の資料を見つけました。
 
「放射線照射食品の安全性に関する文献等の収集・整理等の調査報告書」では、日本や外国で行われた照射ジャガイモの安全性試験の結果やWHOの評価が紹介されているようですが、この内容を一般消費者向けに、わかり易いファクトシートなどで解説していただけないでしょうか。 
 
 
           
      厚生労働省     
      食品の安全性確保のための取組等については、従来、厚生労働省ホームページの活用等により情報公開に努めており、食品への放射線照射についても、現在までの検討状況等について、ホームページにおいて公開しているところです。また、今般、委託事業として行った「食品への放射線照射についての科学的知見のとりまとめ業務」報告書をホームページに掲載したところですので、ご参照ください。       
           
           
      農林水産省     
          
     
回答はいただけなかったのですが、消費・安全局のHPに「食品への放射線利用について」 と題したわかりやすい資料を見つけました。 

  
 
           
    なお、専門的な内容となりますが、照射ジャガイモの安全性に関する研究成果や調査報告書、試験結果などはこちら     
           
 
 
 ・ 回答書の内容について確認書を送りました 2010.7.14
         食品安全委員会   厚生労働省   農林水産省 
   
   食品安全委員会  お返事はいただけませんでした。
   厚生労働省     直接担当官とお会いして内容確認する機会が得られました。
   農林水産省     回答書 が届きました。2010.7.30
   
 
 
 
私たちは、この春、JA士幌町を見学し、品質の良い北海道産のジャガイモを端境期にも美味しいままで消費者に届けたいと、誇りをもって「芽どめじゃが」を出荷されている現場をしっかりと見てきたばかりです。今まで何回か「芽どめじゃが」を実際に食べて美味しい・便利と感じ、自分の家の近くの店でも買えることを願っています。
 
 ページTOPへ