遺伝子組換え農作物についての情報 <安全性評価>     
 
               
   
 栽培状況  
 安全性評価  
      安全性評価の概要
    安全性評価
 
               
 
 

遺伝子組換え農作物を商業利用する場合には、作物の特性や利用目的によって様々な法律で安全性を評価することになっています。
それが、生物多様性への影響評価(略称カルタヘナ法)、食品としての安全性(食品衛生法)、飼料としての安全性(飼料安全法)があります。
 













 
 

遺伝子組換え生物を扱うためには、カルタヘナ法(正式名称:遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律・・・・長くて覚えられません^^;))に従って、遺伝子組換え生物を作出したり、遺伝子組換え農作物を栽培します。屋外で栽培する場合は、事前にカルタヘナ法の第1種使用等に大臣確認を受ける必要があります。またダイズやトウモロコシのように、食品や飼料として利用するものについては食品や飼料の安全性評価を行って、商業利用する前に、厚生労働大臣や農林水産大臣の認可を受ける必要があります。

安全性評価は複雑なので、別の資料を用意するとか、参考文献を示していきたいと思います。
 


 
 
 
 
 
 ページTOPへ